ぬこめしブログ

2015年夏に初めて猫をお迎えした夫婦と、その初猫にして愛娘・カナとのドタバタ騒動記。

カナとミャウリンガル

 実際の精度は何処までか解りませんが(殆どジョークグッズなのは解っていますが)どうしてもミャウリンガルが欲しくて、中古ですが購入しました。
 最初、カナの声が小さいので拾うのが大変でしたがようやく拾えた鳴き声で翻訳機が反応して出た結果は「し・あ・わ・せ」でした。
 それからは時々精度を疑う結果が出ましたが(笑)……一つわかったことが。人間もそうですがご機嫌な時、特に意味のない鼻歌のような声を出す時ありますよね? 猫にもそういうことがあるのかなというのに気付きました。
 「ニャ、ニャ、ニャン♪」みたいな小さいご機嫌そうな鳴き声をミャウリンガルが拾っても、意味がはっきりしないようなのです。(猫が首を傾げる絵が出る)
 あと、私は猫の鳴き真似が結構得意なのでカナと鳴き合いになる時があるのですが、何度も同じ調子で鳴くので(私が鳴き真似をすると同じ調子で返す)その意味を探ったところ「私の方が強いもん!」っていう答えが出ました。
 まさにそう言う雰囲気の鳴き方だったので、精度の程は定かではありませんが納得して笑ってしまいました。


にほんブログ村 猫ブログ 猫 親バカへ
にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。